まだ間に合う!30代でも白髪になる原因を知ろう。

30代で白髪になる原因を知っておきましょう。まだまだ若い年齢ですので、対策することで白髪予防にもなります。まずは原因を知っておくといいです。
MENU

まだ間に合う!30代でも白髪になる原因を知ろう。

 

人は平均すると30代から徐々に白髪が出始め、50代後半には半分近くが白くなると言われています。
人の髪の毛の色はメラニンによって決定されています。

 

それがストレスによる影響、栄養失調、ミネラル不足、様々な病気になることで30代でも白髪が出始めてしまう原因になるのです。
髪の毛には髪そのものの幹細胞とメラニンを供給する幹細胞が関係していて、両方があって初めて黒い髪が生えてくるのです。

 

メラニンを作る幹細胞はストレスがかかったり年を重ねると初めにいた場所から移動してしまい、生きられなくなります。
それによってメラニンが生み出されなくなり、髪が白くなるのです。

 

慢性胃腸疾患・マラリア・甲状腺疾患・脳下垂体機能低下症・円形脱毛症などになると急激に白髪が増えたり、一部分に集中して出たりといったことも起こります。

 

喫煙者は非喫煙者に比べて4倍の確率で早期の白髪になるという研究も発表されました。
その他にはやはり遺伝によるものが大きい事が分かっています。

メニュー

このページの先頭へ
チャットレディ